手軽にカジュアルファッションを楽しめるジャンパーの魅力とは

サイトマップ
ジャンパー

冬はジャンパーがオススメ

冬のファッションの定番といえば、最近はコート等をまず思い浮かべる人が多いと思います。ジャンパーを思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか。ジャンパーは他の服や靴等と合わせづらいのか、最近は着ている人をあまり見かけませんし。たしかに、ジャンパーはコート等と比べてファッションとして扱いづらいかもしれません。しかし、機能性についてはコート等よりも非常に優れていると思います。
機能性で優れている点として、まず軽さです。ジャンパーはコートよりも軽い素材で作られているものが多いです。そして軽いにもかかわらず暖かい。素材自体暖かいものを使用しているのはもちろんのこと、コート等より身体に密着しやすいのも暖かい理由だと思います。この軽くて暖かいことが、一般的に重いコートと違って、動きやすく持ち運びも楽であることにつながります。
脱着もコートよりも楽でしょう。コートよりも暖かいので、ジャンパーの下に着る服も軽装で済みます。また、軽くて非常に動きやすいので冬場に何か作業したり、外出先でちょっと大きな動作が必要になる場面に遭遇しても、問題なく対応できます。その点、コートだと大きな動作は大変でしょう。今年の冬はコートではなくジャンパーを着て色々と出掛けてみてはいかがでしょうか。

機動性重視ならジャンパーがお勧め

冬の防寒対策に何を着ていらっしゃいますか?最近はダウンコートが人気ですよね。確かにダウンコートは軽いし暖かい、しかも撥水性にも優れています。しかし、あのモコモコした感じはあまり激しく動くには不向きです。もう少しモコモコしていなくて腕や足が動かしやすいとなるとジャンパーが一番良いように思います。良く工事現場で冬場、職人さんが羽織っていたりしますね。また工場内の作業員の方やオートバイに乗る方もジャンパーです。
あの手首と腰の所が絞ってあるというところが良く体を動かす場面では邪魔にならず良いのでしょう。そんなビジネスユースな感じのするジャンパーですがカジュアルなコーディネートでお洒落に見せる事も出来るのではないでしょうか。普段着に着るジャンパーは色を綺麗なものにするとお洒落感が出ますね。ジャンパーのデザインのイメージは元気で活発なので更に明るい色調を選ぶとちょっとストリート系な感じがして良いと思います。
もう少し大人っぽく着こなしたい方は材質にこだわると良いかもしれません。革、もしくは合皮なら暗い色調でも大人っぽくなります。その場合明るい色のマフラーなどを使うと更にお洒落になります。革や合皮は風を通さないので防寒性も高いですね。ジャンパーは手首周り、腰回りが絞まったデザインなので着痩せ効果も期待出来ます。機動性も欲しいけれど、せっかくだから格好良く着こなしたいと言う方の参考になれば幸いです。

肩こりが悪化しにくいジャンパーについて

防寒具であるジャンパーは、コートと違って軽いので肩こりが進行しにくいとされます。コートは、いくら体温を保つのと防寒対策として貢献できても素材が重いので、肩こりが悪化しやすいとされます。けれども、ジャンパーは機能性を重視した防寒具となるので、動きを妨げない上に肩こりが進行するのを抑えます。
ただし、ジャンパーは雨の影響を受けやすいので、防水加工が施されたジャンパーを着てもジャンパーの繊維が水分を吸収します。その影響で、ジャンパーが重くなるので肩こりが進行しやすくなります。とはいえ、雨の日にジャンパーを着るのを控えることで、ジャンパーが水分を吸収する心配をしなくて済みます。なので、ジャンパーを着る際は天気に気をつければ、肩こりに悩まされずに行動しやすくなります。
さらに、ジャンパーは重ね着しても行動を妨げにくいので、体温を上手く調整しつつ防寒対策をおこなえます。しかし、元から冷え症になりやすい人だと、ジャンパーを着ても肩こりに悩まされやすくなります。そのため、冷え症に悩まされるならジャンパーを重ね着することで、肩こりや冷え症の進行をある程度抑えることができます。肩こりが悪化しにくい防寒具であるジャンパーは、重ね着すれば体温を保って冷え症対策として取り入れることもできます。

TOP